ピルを服用する前ガイド

生理痛の女性とピルの写真

ピルを飲んでいる人を考えると性にだらしないのかな?と思ってしまいがちですが実は逆です!ピルは予定外の妊娠を未然に防いでくれる効果の他に生理不順の解消や生理痛を抑える効果などがあります。避妊以外の目的に使用する女性も多いくらいですよ!

ピルの避妊効果と合わせて覚えたい副効用

ピルには妊娠時に多く分泌されるプロゲステロンが配合されており、これを毎日同じ時間帯に服用することで体内のプロゲステロンの濃度を一定にすることが出来、体が妊娠したと脳が勘違いし排卵の停止を命令します。その結果として避妊の効果を発揮することが出来ます。しかしピルにはその他にも女性にとってうれしい副効用があります。
例えば子宮系の治療です。子宮系の治療を行うためにはまず子宮を休ませることが必要ですが、妊娠や産後の様に月経がない時期を除けば排卵をし月経は訪れます。そのためその様な時期以外は毎月排卵をすることで子宮を働かせ、休ませることが出来ません。そこでピルを服用し排卵を停止することで強制的に子宮を休ませることにつながるのです。近年耳にするようになった子宮内膜症は、子だくさんが当たり前だった時代ではあまり聞かない病気でした。これは妊娠、出産により子宮を休ませる時期があった身体と言えます。それだけ子宮を休ませる、ということは子宮にとっても重要なことなのです。
他にもピルの副効用としてホルモンバランスを整える作用があります。女性は月経周期によるホルモンの変化に左右されやすいデリケートな身体です。また10代や仕事などでストレスを抱えている人はホルモンバランスが乱れやすく月経前症候群で悩む人も多くいます。ピルによりホルモンバランスを整えることで月経前症候群を改善したり、ニキビの治療にも効果を発揮することが出来ます。
日本ではピルを避妊目的で服用する薬だと勘違いしている人もいますが、欧米では若い女性がホルモンバランスを整えるために服用していることも珍しくありません。
そのため、海外では多くの女性が服用しており、日本でもその海外からピルを通販で取り寄せることが可能です。
ここまでお話した通り排卵を停止し避妊する、ということはピルの効果の1つであり、そのほかにも女性にとって嬉しい効果があることは間違いないのです。